スポンサーサイト

  • 2011.08.05 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    告白

    • 2011.08.05 Friday
    • 07:53
    ずーっと気になっていた邦画、「告白」。



    彼女が原作を読んだ時に、「設定はおもしろかったけど文章がいまいちだった」と作家さんにはなんかもうどうしようもないくらいのダメージを与えるコメントをしていたのだけれど、とにかく設定が凄く気になったし、映画化したときは「もし仮に文章が微妙なのなら映像化することでそれが解消されるんじゃないか」と思っていたので、とにかくずっと気になっていた。


    結論から言うと、



    おもしろい。




    いやまあおもしろいからブログに書いてるんだけどね、ええ。





    ただこの作品、R-15指定されてるあってグロい描写が沢山でているので血がぶしゃー、とかそういうの無理って人にはオススメできない。というか万人にお勧め出来ない、この作品。





    なんてったってこの作品すんごく後を引く。良くも悪くも。




    もともと、教育モノってすごく好きだし興味あるから告白も教育現場の話だしそういう点でさらに興味があったんだけど、軽い気持ちで見るとやられちゃいます。




    内容は、まぁネタバレになっちゃうから言わないんだけど、最初は松たか子扮する女教師の独白から始まるんだけど、そこから様々な人の独白に変わって色々な視点から描かれていく。



    この映画の強調すべき点は、演出。比較的無機質で暗く、青白い色彩で淡々と描かれていく。下妻物語を撮った中島哲也監督だが、淡々としたシリアスの表現がすごくうまいなぁって思った。そういやAKBのビギナー撮ってる監督だって彼女から聞いて、ああ、ってなった。


    あとBGMがすごくいい。サントラ借りたいです。使い方も、うまい。



    原作とはちょいちょい変わってる部分があるらしいです。原作が思ったより微妙だったって思った人はこっちを見てみたらどうでしょう。久しぶりに、小説より映像のほうがおもしろいという映画に出会った気がします。(原作読んでないけどね!!)



    ただ、ちと重たいので心して見たほうがよろしいかと。サスペンス的なおもしろさが好きな人はオススメですよ!!



    それでは!


    スポンサーサイト

    • 2011.08.05 Friday
    • 07:53
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      selected entries

      categories

      recent comment

      profile

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM